智也の母・清乃は、幼い頃から鍵っ子の淳史にとっては憧れの存在。淳史は偶然、父・健太と清乃がキスをしている現場を見てしまう。智也に誘われ、いつものように神崎家へ遊びに行くも、清乃を前に気まずいばかり…。そんな中、智也が約束に遅れ一人、神崎家に向かう事に…。声をかけても返事がなく、中に入ると清乃が自慰をしている姿。清乃の女の姿を見てしまった淳史は堪らず襲いかかる。欲望が抑えられなくなった淳史は、あの手この手で清乃を責めまくり、清乃も徐々に欲望の虜になっていった…。〓